歌舞伎名作劇場

仮名手本忠臣蔵・七段目

(かなでほんちゅうしんぐら・しちだんめ)

 

これもまた、日本人がこよなく愛する仇討ち美談である。

忠臣蔵の長いストーリーの中で、七段目は内に様々な

葛藤を秘めながら、遊郭の華やかさが満喫出来る優れた

舞台で、忠臣蔵の中でも人気の高い場である。

 


あらすじ   名場面   音楽

 

 


ホームへ