歌舞伎の音楽

 

黒みす


黒みすというのは、芝居のバックミュージックを担当するとこ ろです。

  下図のように舞台の下手にあり、三味線・お囃子・唄の 人達がその中で、芝居の情景に合わせて、様々な曲を演奏します。


          ("黒みす"の場所)

  毎日同じことをしていても、芝居というのは生き物なので、 いつどんなことが起きるかわかりません。

   ですから歌舞伎の場合は、音響機器などを使って、音を付けるという訳にはいきません。

   歌舞伎でも録音した効果音や、音楽を使用する場合もありますが、 古典的な芝居では、効果音も、人間が道具を使って音 を出します。

   今回は、ごく基本的な、大太鼓を使って自然の音を表現したものを聞いてみましょう。





ホームへ